ほーむホームに戻る



葵タワーとは?


これが葵タワー


 葵タワーを知らない方のための葵タワー講座です。
 以下の文章で、葵タワーについて学びましょう!


 葵タワーとは?

 JR静岡駅北口前で平成19年から建設が進められていた再開発ビルで、4月1日に開業します。

 高さ125メートルで市内最高となる地上25階地下2階建ての高層ビルには、賃貸オフィスや市立美術館が入り、県内の経済や文化の核施設として機能する予定です。飲食店や書店、結婚式場といった商業施設も多数入居する“新名所”となることが期待されています。

 葵タワーは総事業費230億円。延べ床面積約4万2千平方メートルで、商業店舗やオフィスが入る「複合棟」と386台収容可能な「駐車場棟」(地上9階地下1階建て)で構成されています。。
 複合棟には、地下1階〜地上2階に常時数10万冊の書籍をそろえる「戸田書店」のほか、生花店やエステサロン、和洋中の飲食店など22店舗が店を構えています。
                     (準備中の写真)

3階は5月開館予定の「静岡市美術館」、4〜6、24、25階は一度に約1千人が立食できる広さの宴会場を備えた結婚式場「グランディエール ブケトーカイ」が入居します。25階に設けられたチャペルでは、富士山を見渡せる“最高”の眺望で結婚式を挙げられるそうです。一生の記念になりそうですね。
                     (スカイチャペル)

 また、7〜23階は賃貸オフィススペースとし、全フロアの約90%に当たる部分には、すでに商社や損害保険会社など約25社の入居が決まっているそうです。

 完成に際し、地権者らでつくる「静岡駅前紺屋町地区市街地再開発組合」の中島聡事務局長は「駅前だけのにぎわいに終わったのでは意味がない。商店街に客を呼び込めるように葵タワーを中心とした街の回遊性を高める波及効果を期待したい」と話しています。

なお、現時点で決まっているテナントは以下のようなお店があります。

・デイリーヤマザキ ・セブンイレブン ・ドミニック ジュラン(ベーカリーカフェ)
・サーティーワン ・梅蘭(中華料理屋) ・しゃぶ葉 ・入船鮨
・世界長酒舗(食品・酒) ・unico(雑貨屋) ・玄二(居酒屋) 
・ハウマッチ(金券屋) ・戸田書店 ・グランディエール(結婚式場)
・静岡市立美術館


葵タワーが出来る前の風景


屋上からの眺め


正面に立つ家康像



以下が葵タワーのデータになります。

・計画地 静岡県静岡市葵区紺屋町9_1〜10−5
・地域地区 商業地域、防火地域、高度利用地区
・敷地面積 4,957u
・許容建ぺい率 70%
・許容容積率 800%
・備考 サンクンガーデン等による広場等
(敷地の10%、約500u)
文化、交流、情報機能を有する屋内空間
(敷地の50%、約2,500u)
・附置義務台数 車245台
自転車581台(うち原付50台)
・建築面積 4,140u
・建ぺい率 83.20%
・延床面積 延床面積41,467u
容積対象面積39,437u
792.52%

静岡県近郊に住んでいるかたは、ぜひ一度行ってみてください!




これは葵ちゃんタワー

ほーむホームに戻る