ドラマ・とぅは〜と

旅行先は何処へ?篇 第三章

前の章へ        目次へ        次の章へ

 

09/06 09:16 効果音「ちゃんちゃかちゃんちゃんちゃ〜ん,ちゃかちゃんちゃんちゃ〜ん,ちゃ〜ん,ちゃ〜〜ん(TH,日付が変わるときの効果音)」

09/06 09:17 浩之「ぱらぱら(カレンダーをめくる音)」

09/06 13:13 ナレーション「そして、一週間後・・・・来栖川邸にて」

09/06 14:07 レミィ「イエーイ!今日も元気に射殺しまくりネ!」

09/06 15:37 あかり「ところで,何で浩之ちゃんがカレンダーの擬音をやっているの?」

09/06 16:13 浩之「一度は言いたくなるんだよ。」

09/06 16:28 雅史「男の夢だよね。」

09/06 16:39 あかり「よくわからないなぁ。」

09/06 16:44 浩之「ふっ、このSEを発声させる男のロマン。女にはわからないぜ。まぁ、そこのキノコ頭のお嬢ちゃんは別だけど。」

09/06 16:58 綾香「キノコ・・・・・か・・・・・・(じゅるり)」

09/06 17:01 雅史「今度は,レミィと綾香さん,そして浩之が壊れたみたいだね.」

09/06 19:09 あかり「雅史ちゃんも少し,壊れているみたいだけど・・・」

09/06 19:33 坂下「大丈夫、その位叩けば直るわよ。何ならわたしが双龍脚で・・・・。」

09/06 19:39 浩之「わっ、もう直ったすぐ直ったもう絶対壊れない!!!」

09/06 19:40 坂下「ほらね(笑)」

09/06 19:48 綾香「さて、皆に集まってもらったのは他でもない、旅行のことよ」

09/06 19:53 マルチ「いよいよ旅行先がきまるんですね!」

09/06 20:39 浩之「なあ、今度こそ本当に決まったのだろうな?」

09/06 20:52「どっちに行くんですか?」

09/06 21:10 智子「だから、神戸やって言うてんねん!!!!!!」

09/06 21:57 琴音「函館…行きたいです…」

09/06 22:44「どっちでもいいです……センパイと一緒なら(ぽっ)」

09/06 23:04 綾香「神戸でも函館でも角が立つわ。だから、もっと別の場所に、ということにしたわけよ」

09/06 23:10 浩之「べ…別の場所…」

09/06 23:14 志保「まあ、それならそれでいいんじゃない?」

09/06 23:19 坂下「じゃあ、ギアナ高地なんてどう? あそこなら、昔、修行したことあるし」

09/06 23:30 浩之「俺らを高山病にする気か・・・?」

09/06 23:33 芹香「(コカ茶を飲んでおとなしくしていれば、高山病は大抵、直ります)」

09/06 23:34 雅史「直る>治るだってば。」

09/06 23:36 浩之「も、もしそれでもダメだった場合は?」

09/06 23:38 坂下「う〜ん、悪くすると鼓膜が破れちゃったり、最悪の場合は体に障害が残っちゃったりするかな?」

09/06 23:43 あかり「こ、怖い〜(泣)」

09/06 23:44 浩之「・・・ギアナは却下。」

09/07 00:00 雅史「流派東○不敗じゃないんだしね」

09/07 00:18 浩之「で、結局どこにしたんだ?」

09/07 00:24 あかり「あのね、鶴来屋っていう旅館がある街にしたの。」

09/07 00:34 志保「降山温泉のこと?」

09/07 00:36 ナレーション「浩之は何故かそこには行かない方が良いように感じていた」

09/07 00:39 志保「これは「ドラマ・とぅーはーと」だしねぇ・・・」

09/07 00:41 浩之「今回は近場にしようや。休みももうすぐ終わりだし」

09/07 01:06 智子「この勢いやと話しだけで休み、終わってしまいそうやな」

09/07 01:17 雅史「なかなか決らないね・・・」

09/07 01:34 マルチ「あうぅぅ・・・・・・・」

09/07 01:40 浩之「具体的地名を出すからまずいって判ってはいるんだが…」

09/07 01:54 雅史「じゃあさ、海なんてどうかな?ちょうど夏だし・・・」

09/07 02:11 琴音「海…ですか?」

09/07 02:18 綾香「さえてるわね、雅史。そうしましょ。日帰りで海。他に誰か意見は?」

09/07 02:28 志保「いいわね〜、海!夜は、来栖川家の船でクルージングとかぁ♪」

09/07 03:06 浩之「あきれるほど図々しいヤツだなお前・・・」

09/07 03:30 綾香「そういば、この間新しいクルーザーがウチに来たって言ってたわよねえ,セバスチャン」

09/07 05:23 セバスチャン「はい、米海軍で次期採用が決まっている最新の巡洋艦(クルーザー)でございます」

09/07 06:06 坂下「ねえ、武装もそのままついてる」

09/07 07:16 セリオ「それは、バトルクルーザーのまちがいです。ちなみに、米国海軍に限らず、最近は旧来の船の改修型が多いので、特殊なもの(ステルスてとか・・・・)を除いて新型艦はなかったはずですが・・・・。」

09/07 07:38 雅史「どっちにしても、遊びには使えないよ。僕、海で遊ぶならまだ海の家のゴムボートの方がいいな・・・・.」

09/07 09:23 あかり「それって,もしかして「海の前で待ち合わせ」とかするの?(爆)」

09/07 12:49 浩之「・・・ありうる話だなー・・・」

09/07 13:47 坂下「私は1回,場所を「海の前」と指定して待ち合わせをすることができそうな砂浜を見たことがあるが・・・」

09/07 15:08 志保「あ!それいいわねー!!」

09/07 15:12 セバスチャン「私も行きたいですぞーーー!!」

09/07 15:39「盛り上がってきましたね」

09/07 15:57 綾香「では,「海の前」で待ち合わせってことで・・・」

09/07 17:01 琴音「(私の水着姿で藤田さんを滅殺・・・・もとい悩殺です)」

09/07 17:04 マルチ「楽しみです」

09/07 17:21 ナレーション「時は過ぎて・・・」

 

夏と云えば海!篇

 

管理者 ひろRIN : WeB DoRaMa v1.25 [Shigeto Nakazawa]